スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去の報告。結婚やら妊娠やら・・・現状。

こんばんは☆

また明日から憂鬱なお仕事です。
mixiの方では今回このブログをプロフィールの方にこっそり公開することになりました。

過去の自分をしっかりさらけ出すことで、次のステップを踏むため。
色々考えましたが、自分の選ぶ道が決まり、堂々と公開することにしたのです。

本当は赤い運命の記事の予定でしたが、急遽変えました。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★

存じているか知りませんが、あっしは結婚しました。
2014年4月に結婚してます。

仕事の都合で指輪は外していますが・・・もう、他の女の子に浮気できなくなりました。
え、浮気できる相手もいないから大丈夫だったけどな(笑)
嫁さんを裏切ることもできません。彼女もまた、今のあっしがいるための存在です。

それと嫁さんの中には赤ちゃんがおります。
まだ7~8週ほどですが、心拍が見えておりホッとしました。
3月は流産したりで、すごく落ち込んでいました。

そんな中、結婚に至り、嫁さんと子供のために自分の夢を変えました。
変えたというよりは、家族に人生を託すという意味か・・・
そのへんはまだこれから構築していくところです。

今新たな試練があります。
ここで、戦っていく決意をするためにこうして書いているのかもしれませんね。
自己暗示なのかもしれません。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★

過去の話

去年の12月はあっしの運命を変えるようなことばかり教えていただいた素敵な社長さんがいました。
彼の生き方に憧れたけど、あっしは同じを道を歩むのだろうか?
果たして、自分の幸せはその先にあるのだろうか?
とにかく、就職してその意味を探そう。
図書館で調べ物をしたり、人から話を聞いたりして見聞を広めようとしていた。
同じ道を歩みたいと思ったし、営業こそ今の自分に必要なことだとわかっていた。

2014年3月

営業職として、大企業の某保険会社に内定目前でした。
その時、不意の妊娠。
避妊をしていたのだが、まさかの妊娠である。
まあ、そのあたりは大人の話なので伏せます。

責任がある。そして、話し合った。
最初の答えは、中絶。お互い納得して決めたこと。

元々、子供を望んでいなかった。
うちの妻はバツイチ。
既に14歳の息子がいる。親権は元旦那にある。
その息子も今や元旦那が女医と結婚してからというもの・・・
海外に留学するほど英才教育を受けている。

一見、あっしの目からしたらエリートの家庭。
平均の世帯より上の暮らしをしているような気がしている。

そしてあっしは大の子供嫌い。
と一貫しているが、きっと子供が好きです。
いや、大好きです!
じゃないとロリコンやってません←嘘です。

嫁さんにもみんなにも嫌いと言っているが多分子供好き。
これでも保育士になろうかと2度考えたこともあるくらい、子供が好きです。
実際、友人に話を聞くと・・・うわ・・・大変そうって泣いていると思う。
その友人の子供が好き!っていう気持ちには負けるけど、好きだと思ってます。

でも、あっしは自分は大好き。
筋金入りの自分スキー(笑)
今まで気ままに一人っ子で育ってきて、温室環境(貧乏だが)自分勝手に生きてきた。
そんな自分が好きであり、また嫌いであった。

話は変わるが、あっしは大の親父嫌いである。
今も結婚を反対されている。
もちろん、嫁さんが年上すぎる&バツイチだから。
それ以外、非の打ち所がない。
一応、あっしは信じていないが双極性障害だったかな?
という、今の精神医学では理解できていない病気持ちである。
だが、どう考えてもその傾向の症状はなく、普通の人間だ。

以下の理由から、結婚に反対されている。
あと、嫁さんの人格自体否定している。
これは録音しているのでいつでも証拠がある。
これをきっかけにあっしは家を捨てる覚悟がある。
そう、今の苗字なんて簡単に捨てる覚悟をしている。

話が長くなったので完結に・・・
自分の血を引く子供が欲しくなかった。

これ以上、親父の血を引いたダメな奴はこの世に存在してはいけないのである。
俺だけでいい。
これ以上、苦しませないでくれと思っていた。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★

中絶を決意して3日

嫁さんは子供を産む気になれないということ。
元旦那に親権があるとはいえ、自分のせいで子供を満足に育てられなかった罪がある。
などなど・・・

中絶する理由があった。

嫁さん本人にしかわからない悩みもあったと思う。
どこまで察してあげれたかわからないけど・・・

嫁さんが・・・
やっぱり産みたい。

優しすぎる彼女だった。
まあ、意外でもなく正直想定内でした。
これだから、甘ちゃんだわ・・・
と思いながら、嬉しかった。
そんな人間らしい彼女に愛くるしさを覚えたことを今も実感している。

俺の意地よりも、命を繋げることにした。
なんだかんだ、子供が好きなんだとその時気づいてしまった。
保険の勉強をしていたのだが、すぐに妊娠の本を図書館で一日引きこもり調べ始めた。
なんのために営業の本を50冊以上買ったのだろうと思ったわ(笑)
未だに1冊もよんでいないのだから宝の持ち腐れだわ。

4月

さて、そんな中・・・非常にリアルな話だが・・・出血があまりに多いのだった。
6週になり、病院に行く。
うっすら赤ちゃんのようなものが見える気がする程度で・・・確定されなかった。
でも、いないわけじゃなかった。
そう信じていたので嬉しかった。

翌日、出血があまりにもひどい。
完全に彼女は落ち込んでいた。
暴れたりはしなかったが、もうだめだ。
せっかくたっくんとの間にできたのに・・・と無気力。

とにかく、会社を休んで病院へ緊急診察した。
こういう時に車があればと思った。
朝の通勤ラッシュで彼女はとにかく刺激が強かった。
ここぞとばかり、あっしのTKYスキルを発揮して座る場所を確保してなんとか病院に行った。

結果は流産である。
がっくりした。
信じていたのに・・・いや、俺だけでも信じるしかなかった。
大丈夫!俺みたいに元気な子供やから大丈夫!
こんなやかましい俺の精子やで!そう簡単に死なへん。
とか・・・色々励ましたけど、結果は残酷でした。

彼女が「ごめん」
と一言・・・

泣き虫の俺だが、不思議と涙が流れないものだった。
泣いたのは家に帰ってトイレで泣いた。
一人で泣くしかなかったから。

日頃老人は年金泥棒だから死ねとか冗談でも言っているから罰が当たったのかと思った。
この時ほど、彼女の歳を憎んだことはなかった。
時間のめぐり合わせは残酷だなと思った。

仕方がない。
これは運命だと受け入れたけど、心の奥が煮えたぎっていたのかもしれない。
彼女はどう思っていたのだろう?
諦めていたからショックは少なかったけど元気がない。

俺も落ち込んでいた。
無理やり信じてただけに、肩の荷が下りた分だけ辛かった。
なんとなく、無理なんだじゃないかと悟っていたのが真実。

でも、ここで落ち込んでどうする?
俺以外にだれが彼女を支えるんだ?
この子の命を無駄にしてはいけない。

神様が俺たちに試練を与えてくれた。
ちゃんと真剣に向き合わないからチャンスをくれたのだ。

「今回は残念な結果だった。誰も悪くない。仕方がない運命だった」
「大事なのはこれから。俺たちがどうするかだ」
「お互い2日考えよう。最後の1日に意見を出し合って決めよう」

子供を作る努力をするか・・・しないか。
覚悟をするか、しないか。

今、選択肢が与えられた。
偶然とはいえ、生まれるはずだった私たちのあかちゃんの存在のおかげで。

彼女は即答した。
「子供が欲しい。命を無駄にしないためにも」

とりあえず、3日待って意見が変わらないので、子供を作ることになりました。
それと、内定をいただけるはずだったけど、お断りしました。

仕事を生きがいにしようとしていた人生が変わってしまった。
運命の歯車は動き出した。
結婚をすることで・・・
家族を生きがいに生きる決意をした。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★

5月

子供に恵まれなかったが、専業主夫の日々が始まった。
恥ずかしながら、妻のほうが稼ぎも多い。また、職業も安定している。
一方私はまだ安定していない。
その上、一応家事スキル・体力・精神力・金銭感覚など全て私のほうが妻を超えていた。

悩んだ結果、話し合いで世間体は無視して、私は専業主夫として生きることにした。
もう逃げ場はなくなった。
まさに、今も逃げ場はない。
でも、後悔はしていない。
こう見えて、おせっかい好きで有名な俺だから(笑)
結構尽くしちゃうタイプなんです☆←嘘w

6月

「たっくん、子供できたかも」
「おおっ!頑張ったもんな~今回は完璧やから大丈夫やで」

悔しくて俺は調べた。
内定を頂けるはずの不安定な仕事を断り、子供に夢を託すことにした。
強要はしないけど、自分のように育てられないようにすると決めた。

別に愛されていないわけでなかったけど、手をかけてもらえなかったと思う。
一人っ子だから甘やかされているという世間のイメージ。
でも、実際は放っておかれただけ。
それは幼稚園の頃までは、仕方ないからある程度付き合ってくれていた。

実際にオヤジは絶望していたのだろう。
この社会に・・・
何も考えずに、日本を信じていたから
と、しょうもない話になるのでスルーしましょう。

自分の人生を悔いていない。
後悔するくらいならいまから変えてやればいい。
思いっきり泣いて、頑張ればいいだけだから。
泣き虫だけど、そんな自分が好き。
だから自分スキー。外見はともかく自分ダイスキー(笑)

だから、俺は自分の子供にもうちょっと手をかけてやろうと思う。
しっかり、教えて自分みたいになって欲しくない。

オヤジはあえて自由にする方針で育てたって言った。
結婚の挨拶にしに行ったとき。
でも、それってようは放置していただけなんだよね?
許せなかった。
そうやって、血の通った息子まで騙すのか?
自分の格好が悪いからって、言い訳するんだよね?
そんな大人になりたくなかった。

気づけばなっていた時もあった。
血を感じた。
そして、自然と身につく家庭環境を呪った。

子供を作るなら、これだけは絶対させないと心に決めていた。

18歳のときは、20歳になっている頃には美人の奥さんがいて、元気な子供がいるんだって夢を描いていたほどウブで純粋なデブな子供だった。
世の中はなんとかなる。
自分はあまりにも知ら無さ過ぎた。

おかげで、今の自分がいるのだが・・・もっとスマートに生きれただろうなと思う。

その思いを我が子供に託したいのかもしれない。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ながくなりましたが、この時期に書いたのは、先週ハッキリと赤ちゃんの姿が見えたから。
先週の土曜日。
アルバイトが休みだったので、病院に一緒に行きました。

すっごく元気に動いているあかちゃん。
前回と違い、はっきり動いているのがわかったのです。
感動した。
生きている。
今度はちゃんと、育ててあげるから。

それから妻に毎日、葉酸とれよ。
とか、かなりの教育ママならぬ、教育旦那です。

家事は全部俺がするから、自由にしなさい。
毎日家事と、週4のアルバイトは割としんどいかもです。

あの時の気持ちがあるから絶対に流させない。
今回は大丈夫そうなのでホッとしています。

さて、今また問題に直面しています。
それは、また今度書けたらと思います。

できれば、ハッピーエンドだといいです。
というか、ハッピーエンド以外ありえんしょ?

やっと希望が見えてきました。
アホみたいな日記も書いていますが、ちゃんと真面目にやってます!
さて、明日に備えて寝ましょう!

もし、読まれた方でお知り合いの方はこれからもよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

頑張っ!

前向きな姿勢に心打たれました。頑張って下さいね!

Re: 頑張っ!

>たらさん☆

コメントいただきありがとうございます。
現在は順調です。
これからも頑張りますので、また思い出したら覗きに来てくださいね(*^□^*)
FC2プロフ
カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ村
小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)

小鳥たちが飛び回りつぶやきます

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。