スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【哲学】自分ってなんだろう?

こんばんは☆

最近、たまにしか更新できませんが・・・友人とおしゃべりしたり、赤ちゃんのこと考えたりしていると、今までにない感情が自分の中で芽生えてきた気がします。

前回、幸せってなんだろうって考えてみたけど・・・
幸せなんて、他人が決めるのではなく自分が幸せと思えば、それで幸せ!生きていけたら幸せなんだと思います。

じゃあ、自分ってなんなの?

自分を構成しているのはなんだろう?
知識?経験?過去?

とっても難しい話かもしれません。
書いている自分ですらわからない永遠の命題だと思います。
数字や論理で証明できないことですから、きっと哲学。

自分を表すってなんだろう?
性別?年齢?性格?容姿?

なんて考え出したら、自分のパンドラボックスに入ってしまうので・・・
ここでは簡単に個人的に学んできたことを書きたいと思います。

私が思うに・・・
みんな生まれてから死ぬまで「自分探し」の旅に出ているのだと思います。

赤ちゃんの産声から世間に自分を証明します。
生まれたぞ!さあ、私のこと一目せよってか(笑)

そして、年齢と共に、知識と体力を身につけて「自我」を覚えます。
この「自我」っていうのを知識と体力の応用で表現します。

知識を使って生きる道を考えます。
体力を使って、それを行動にうつすのです!

ということは・・・
知識と体力がないと自分を表現できないということです。

でも年齢と共に、体力が衰え知識は増えていきます。

その体力の代わりに「若い力」を借りるのです。
それが、自分の「息子」「娘」であったり、部下であったりするのです。

そうして、生涯に幕を閉じ、良い人生であったと思えたらハッピーエンドです。
その時点で自分というものが確立され、更新が止まり、歴史に変わります。

じゃあ、歴史ってなんだろう?
結局は歴史が自分の証明ってことなんだろうか?
真実は、自分のことを知っている「身内」だけだと思う。

自分というのは誰かの「心」に残り、受け継がれていくのではないかと思います。

親の思いを継ぎ、子が成長する。
一般論の一例ですが。

誰かに思いを告げることで、誰かの心に残り、自分というものが形成されていくのかもしれませんね。
これは私の考えでしかありませんが。

自分は自分で作るのではなく、誰かに形成されているということ。
その誰かに自分はこうでありたいと伝え、証明することで自分が確立されていくのである。

私の夢はなんだろう?
まだ、決まっていない。
でも、死ぬ前には、きっと遂げていたい。

自分がこの世に生まれてきた理由。
与えられたものではない。自分が探さなければいけない。

自分が生涯をかけてすることを見つけてくれる人がいる。
その人に巡り合うまできっと、自分探しが続くのだろう。
出会った後でも、自分探しを続ける。
終わることは、死ぬ時だ。

私にとって自分探しとは、自分を誰かに伝えることだから。
そのために、知識も体力も養わないといけない。

私は、自分にしか出来ない「宿命」を探し終えるまで、その歩みは止まらない。
それがきっと、自分探しだから。

私は自分を偽らないようにしている。
嘘をつく。照れたりする。シャイだから。恥ずかしいこともある。
でも、自分の特別な人達には、ありのままの自分を心に刻んで欲しい。
たとえ、罪や後悔の形であっても。それが歴史。

みんな、自分LOVEになろう!
どんな辛いことがあっても、自分が大好きだ。
自分の好きなところ、嫌いなところもあるけど、そんな自分が好き。

自分が大好きだから自分をみんなに伝えよう!
伝えすぎて、暑苦しいんだよって思われるくらい好きになろう。
これまでもこれからも死ぬまで自分とは付き合っていかないといけないのだから。

結局のところ、自分って自分にはわからない。
だからこそ、自分が大好きな人に自分を証明してもらうしかないのかなと思います。

願わくば、幸せな自分で後世に歴史を残せたらと思います!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2プロフ
カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ村
小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)

小鳥たちが飛び回りつぶやきます

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。