スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ドラマ】上戸彩主演不倫ドラマ「昼顔」の感想(ネタバレあり)

こんばんは(*^^)

いま話題の不倫ドラマ「昼顔」を全話みました。
どんな話か簡単にまとめると(笑)

「不倫に苦しんだ妻は、火をつける」

これが結論です(*__)ノシバンバン

苦しみの先になにも見いだせず、全て燃やして消したくなる。
どうしようもできない自分を消し去りたいと思うのだろうか?
心情がリアルでちょっと怖かったラストでした。

不倫はそれぞれ傷つき、示談で決まっても、裏切られた傷は消えないということ。
禁じられた愛の先に、行き場のない恋はどうやって消すのだろう。
それならば、自分が消えたらいいのだろうか?
死ぬことで、この恋は終われるのだろうか?

死に際に火を放つのは、戦国武将と同じですな(笑)
これはきっと違いますね(*^^)

さて、昼顔は不倫をテーマにしたドラマです。

第1話 恋する妻たちの怖く痛く愛おしいラブストーリー
第2話 濡れたキス…妻たちの共謀
第3話 妻の失恋…本音語る七夕の夜
第4話 妻を強くする恋…覚悟のキス
第5話 悪女誕生 妻が一線を越えた日
第6話 秘密の恋がバレる時…夫の罠
第7話 恋の終わり…日常に戻る辛さ
第8話 妻の追及…修羅場がはじまる
第9話 確実に崩れゆく日常…夫の涙
第10話 妻の逃避…試される愛の強さ
最終話 罪から始まった恋完結…妻が選ぶのは夫か恋人か

主なキャスト

上戸彩
吉瀬美智子
斎藤工
北村一輝

【感想】

シナリオ構成はわかりやすく、良かったと思います。
前半は不倫を楽しむ話。
後半は不倫による修羅場と現実を語る話。

不倫を正当化している表現もあります。
その結果の一例として、代償をしっかり描けていると思います。

不倫している側、される側。
不倫によって、崩壊する家族の話。
不倫によって社会から受ける影響。

それぞれの側面から心情や心理が描かれており、面白かったです(*^^*)
名脇役のご意見版(高畑淳子)もお笑いありで良かったです。

わかっていて不倫をする。
覚悟もしているが、それでもする。

そんなこんな、理屈じゃないのかどうか20代の私にはわかりません。
不倫ということを現実に知らないのですが、大変なことなんだと思いました。

賛否両論の作品ですが・・・
ドラマというひとつのストーリーなので楽しめました。

好きでも嫌いでもない「上戸彩」
演技はうぬぬ、ですが、頑張ってましたね☆

そうそう、主題歌といえば「一青窈」
ナイスチョイスですね。
不倫経験者に歌わせるのですね(笑)

話題になりましたが、悪くない出来でした。
良かったら見てみてくださいね☆

【追記】

この作品は考えさせられます。
名言も多く、衝撃的でした。

結婚は打算でしたけど、不倫は本当の恋だとか。
不倫するから、夫に優しくできるとか。

不倫の恋は別れた後でさえ、人に知られる訳にはいかない。
彼と出会う前の、味気ない日常に何事も無かったように戻るしかないの。
辛くない訳ないわ。でもそれが不倫でしょ。とか。

「人と人が出会う確率って、180億分の一なんだそうよ。
 だから出会えたことは奇跡。出会えたことを大事にしなきゃ」

「結婚は平穏と引き換えに情熱を失うものだから」

「3年も経てば夫は妻を冷蔵庫同然にしか見なくなる
 ドアを開けたらいつでも食べ物が入っていると思っている
 壊れたら不便だけどメンテナンスもしたことがない」

「恋愛すれば、夫のパンツだって気前よく洗えるわ。」

名言多すぎ(笑)

そういえば、演出も良かったですね。
カメラワークもどこぞの映画にそっくりでちょっとパクるなと思ってしまいましたが(笑)

不倫に賛成も反対もありません。
不倫することでメリットとデメリットがあります。
私はデメリットの方が多いと思うのできっとしないと思います。

一応、若い男なんで若い女性に興味が無いといえば嘘になりますが、してしまえばドラマのような展開になるのは目に見えてます。

したことのない経験の疑似経験が出来るドラマかなと思います。

結婚と不倫は違う。
性が解放されたこの世の中だからこそ、きっちり「結婚」をするということを自覚せねばと思いました(*^^)

自分も相手も傷つくのも自己責任ってこと。

昼顔のようなドラマは不倫をさせるのではなく、不倫をするということはどういうことかを知る良いドラマだったと思います。

最大の被害者は残された家族。
特に、なんの関係のない子供達です。

離婚をした親を持つ子供もまた離婚することが多いとか聞きます。
子供を盾に離婚しないというのもどうかと思いますが、不倫というのは日常を破壊するということ。
関係のない人まで巻き込む嵐のようなもの。
天災でなく、人災。

学ぶことの多いドラマでした(*^^)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2プロフ
カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ村
小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)

小鳥たちが飛び回りつぶやきます

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。