スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安達祐実一人二役2010年昼ドラ「娼婦と淑女」を見て

こんばんは☆彡

DVD全10巻、65話見終わりました(*^□^*)
な、長かった。。。

大河ドラマを見終わった気分ですね。

個人的には、『安達祐実』目当てで見始めたんですが。
夫婦でどっぷりハマってしまいましたね(笑)

ただ『娯楽』として見た作品ではなかったですね。
人の生き方、自分の生き方など考えながら見てました。

第一部では「あたいは、蛾だ」「のし上がってみせる」
第二部では「全部潰してやる」「誰も切り捨てない」
第三部では「私は、誰の人生も決して諦めない」

など

迫真に迫る安達祐実さんの演技と印象的な言葉が心に残ってます。
自分の人生に境遇が似ていると感情移入してしまいます。
ドラマのように現実は甘くない。

過去を振り返りながら・・・今から出来ることを考えながら・・・
ドラマを楽しんでました。
「娼婦と淑女」の登場人物では私は「藤堂」という人物に自分を重ねてしまいました。

「主人公、紅子」を巡って「真彦」VS「藤堂」が最終回まで続きます。

これで、ひとりのキャラクターとして愛しさを感じてしまうキャラが増えました。

大河ドラマ「武田信玄」の信玄役の中井貴一さん
ドラマ「白夜行」の桐原亮司役の山田孝之さん
昼ドラ「娼婦と淑女」の藤堂賢吾役の石川伸一郎さん

「娼婦と淑女」の評判はともかく、個人的には「白夜行」レベルまで好きになりました。

他にも「真珠夫人」「牡丹と薔薇」「赤い糸の女」など色々昼ドラを途中まで見ている。
「娼婦と淑女」は1話から群を抜いて惹かれてしまいました。

評判がいいとネットで見て借りた「積木くずし真相」
から安達祐実の作品を見てみようということで借りた「娼婦と淑女」

皆さんもお時間があったらレンタルショップで借りてみてくださいね。
ただし、内容は突っ込みどころ満載で滅茶苦茶です(笑)
見たらきっと、誰かに話したくなります(*≧∀≦*)

最終回は良くも悪くも、良かったです。
基本最終回はガッカリするのだけど、悪くはなかったかな?
ヒロインの紅子らしい『選択』だったと思います。

※写真は少しだけネタバレを伏せておきました。

main.jpg
q000000.jpg
q000001.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2プロフ
カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ村
小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)

小鳥たちが飛び回りつぶやきます

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。