スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大手スーパーの水産部門でのアルバイトを半年して。

こんばんは☆

育児も奮闘中ですが、アルバイトもがんばってますよ!

週5~6日、1日5時間~6時間で
扶養に外れないギリギリラインで働いてます。

と言っても、今年の10月から
社会保険適用額の拡大という制度が施行され
私の場合は、とても経済的に苦しく選択をします。

そして、私は去年から
スーパーの水産部門で働いてます。
以前は、早朝荷受、食品日配部門などで働いてました。

水産といえば当初。

①生臭い
②冷たい、寒い

のイメージがあり、加えて当社の水産は悪名高く。

「新しく入ってきた人は1ヶ月以内に辞める」

という話が全部門で有名だった。


ま、そんなところに約半年前に、しれっと保育園に入るため、点数稼ぎに人事異動したのです。

聞いたところによると、店長・副店長のお気に入りや確実に真面目な人は、絶対水産には回さないとのことです。
(´ω`)ほほほ
私は自由奔放、不真面目に真面目にしていたので、辞めても問題ないから、水産に回されたことが最近わかりました。

そんな私、今では水産ではエースと呼ばれてます(笑)


☆★☆★☆★☆★


さて、水産部門の仕事を難易度順にヒエラルキーを付けると
(あくまで私が思うヒエラルキーですが)

①魚を調理する人(三枚おろし、切り身などにする人)
※当社では刺身にするネタも担当している。
②刺身にする人(盛り付けを兼ねて)
☆★☆★☆★☆★☆
値段を付ける人
盛りつけをする人
商品チェック・産地・賞味期限チェックする人
店で魚を焼く人
品出しをする人

※私が担当してない商品見切りをする人や店内清掃などはどこに入るのかは詳しくないです。

※①は正社員
②は正社員もしくはベテランアルバイト


この業務を毎日数人でこなしている。

当スーパーは「地獄の水産」と言われている。
(あまりにもアルバイトの人数が少なすぎて)

中型スーパーの規模で、毎日3~4人で活動している。
朝は3~4人
昼は2~3人
夜は1~2人

他のスーパーは知りませんが、この人数で仕事が出来ているのが他店からはスゴイとのことです。

私の一日の流れは・・・

(開店前)
早朝品出し
盛り付け&魚を焼く
値段をつける

(開店後)
品出し&産地・品物・賞味期限チェック
盛り付け
値段を付ける
他現場での対応

ま、これを一人でこなすのは結構大変だとか。
段取りよくしないと間に合わないので(笑)

半年経って、ようやくレベルアップしました!
ちょっとずつ刺身を切るように指示がでました!
(代わりに値段を付けれる人が誰もいませんが)

給料は上がるのでしょうか?(笑)

と思いながら、スキルアップ出来て楽しみ(^^♪
家での野菜など切る技術が磨かれるわけですから。

今日はぶりの刺身を切りました!
切り方にコツがあって、包丁ひとつでも知らないと魚は綺麗に切れないのだなと思いました!

職場の雰囲気も良くなり、順調です(^^♪



最近、個人的に良い曲だなと思ったのをひとつ紹介しておきます。



あまり興味が無かった谷村新司さんでしたが、この曲で歌声にうっとりしました(*^艸^*)

水越けいこさんバージョン



谷村新司さんバージョン

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2プロフ
カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ村
小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)

小鳥たちが飛び回りつぶやきます

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。