スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保育園の懇談会・見学に参加してきました。保育園休止について

こんばんは☆

今日は保育園のイベントに参加してきました(^^♪

まず、我が子を保育園に預けてます。
その後、総会と呼ばれる保護者会に参加しました。

うちの保育園では、年1回、報告と会計。
来年度の進行の説明など

初めて保育園デビューした私たち夫婦には全く上の空です(笑)

うちの保育園はマンモスではなく、小規模な保育園です。
色々あって、今年で閉鎖されます。

来年から閉鎖されます。
閉鎖後は統合されます。

急に決めたことなので、閉鎖反対運動があります。

我が子達を何人も同じ保育園に預けたママ(パパ)にとって、閉鎖というのは悲しいものです。
がんばって署名活動してます。

少子化だけど、どこの保育園がいっぱい。
入りたいけど、入れない。

そんな中、なんで閉鎖するの?
不思議なことだと思っていらっしゃる方も多いです。

そりゃ、無条件で同意なく閉鎖するわけですから。
同意書は入園時に必ず書かされてます。

この同意書に書かないと、入園出来ない
もしくは、親・子供に見えない圧力を受ける可能性がある。
入園出来たとしても、1年しか保証しない(転所扱い)

ただね、
自分たちが自由に選んで(第一希望で)入園出来る状態で、
私は閉鎖することを理解してここの保育園に入る。

という話なら、理屈が通っています。

違いますからね。
私、第六希望ですからね。
本当は第一希望にするつもりでした。

突然、本年度から休止するって話になったから。
どうなるかわかりませんから。
第六希望にしました。

ちなみに、第一希望は過去のデータを見る限り、私は基準点・平均点共に上回ってました。
残念ながら、今年は競争が激しかったようですねぇ。



簡単にまとめると・・・
入園させてやる代わりに、保育園休止(閉鎖)に同意しろ
ということです。

おかげで、反対運動にも参加しづらい立場に立たされてます。
私はどうしても保育園に入れる理由があるますので。

では、
逆に在所中の児童には同意書書かされたのでしょうか?
来年から統合されますが、よろしいでしょうか?
真相は知りませんが。

同意しなかったら、出て行ってくださいね。
です。
(転所扱い)
になると区役所で聞きました。


★☆★★☆★★☆★
保育園を賃貸に例えると・・・

希望した行きたかったお家に住めずに、
全員、来年には出て行ってくださいね~

出て行ったあと、場所は提供します。
お金は出しませんよ?
嫌なら、結構ですよ~?
★☆★★☆★★☆★



ま、物事は色々ありますが。
それぞれの立場

保育園
保護者
行政(市)
子供

を考えてみないといけませんが。
やはり、管理者が絶対的に優勢ですよぇ~(笑)



保育園が足りていないのに、休止する。
統合するとのこと。

統合は結構。

待機児童(保留を含め)が0なら。

残念ながら、待機児童0じゃないですね。
それに待機児童にカウントされない「保留中」を含めると保育園に入れない人結構いますよ?

保育園入れないのは私だ!

って少し流行りましたね。


保育所に入れた人の家庭
保育所に入れなかった人の家庭

想像してみてください。
子育てしたことある人ならわかるかもしれません。


保育園、必要ですって人。
仕事など金銭的な事情など含めて、子供を育てるために。
また、社会人として活躍したいために。

私は専業主婦だから、家で子供を育てる。
三歳児神話ありますし、家庭を守る。
保育園が不必要って人もいます。

必要な人に最低限必要なモノを与える
それが、社会のあるべき制度なのではないでしょうか?

与えられないのなら、どうします?

会社が倒産しました。
仕事がしたいけど、仕事がありません。
明日からホームレスです。

自己責任で片付いてしまいますよね。
大人なら。

子供たちには、可哀想な気がします。

少し複雑な会でした。


ちなみに、
署名運動があり、継続するという話も上がっているそうです。
交渉次第では、何年かは保留になるかもしれません。

だが、行政相手です。
簡単には事が進みそうにないですね~。


さて、私の意見ですが、

来年から閉鎖という強引に進め方には、納得できかねますね。
今在所中の子供たちが可哀想です。

先生方もとても面倒見が良く、良い保育所だと思います。

環境が変わるって大変ですよね~
大人でもハードです。

来週から〇〇に転勤ね。
極端に言えば、そんなイメージ。
嫌なら辞めればいいだけ。

利益を追求する企業ならこのルール。
あくまで資本は企業。

でも、行政は違いますよね。
資本は未来の子供たち。

私たちを支えてくれる子供たち
子供たちを支える両親。
を支えていくのが、国。

大人の都合で、急に子供たち・親に負担をかけるのは許せません。
という親心。


極端なハナシをしました。
私の一方的な考えですので、どう思われても知りません。
全て自己満足(^^♪

学んだこと。

親というのは子供を大切に思ってます。
そのことが今日はわかりました。

まだまだ、親として成長出来るなと思います。
先輩ママ・パパの子供の愛情の注ぎ方、見させていただきました。

次は私の番かな?
頑張ります!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2プロフ
カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ村
小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)

小鳥たちが飛び回りつぶやきます

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。